paypal決済

1月 30

・決済方法として採用されています

クラウドファンディングではpaypalは決済方法として採用されています。アメリカをメインに世界でも広まっていて190の国と地域で使うことができて日本円も含めて21通貨に対応しているのが特徴です。人気のAnipipoでも支援の決済方法はpaypalです。世界の通過に対応していますし、一度登録をしたらそれ以後カード情報を何度も入力する必要がありませんのでとても便利です。

・日本ではまだ普及は進まず

アメリカではクラウドファンディングの決済方法として多くの人が利用しているpaypalですが日本ではまだ普及していないのが現状で、どうやって登録をすればいいのかわからないとか、英語のサイトなので断念をしたという声が多く聞かれていますが、英語で表示されていますが、言語を選ぶところがあります。言語を選ぶところを日本にすれば日本語の登録画面が出てきて、paypalアカウントを持っていない人向けのサイトも見ることができるようになります。

・登録をしたら

登録した内容に問題がなければまた続行ボタンを押せば支援額を支払うことができる画面に移動します。多くの人が日本語の画面ではないので、わかりにくいと感じていると思いますが、実際は言語を選択すれば日本語表示される画面が出てきますので、使い勝手はいいでしょう。株式会社APEXさんなどは、システムを構築できるようです。一度登録をしておけば、クラウドファンディングの多くの会社でこの決済方法を採用していますから以後手軽に支援金の支払いをすることができます。慣れないと躊躇しますが日本語表示画面ならわかるはずです。

日本の市場規模

1月 30

・日本の規模は世界の規模より小さい

日本のクラウドファンディング業界の市場規模はだいたい100億円前後と推定されていますが、世界はすでに5000億円規模にまで市場が発展しているので、日本のクラウドファンディング業界の市場規模は世界には及ばないほど桁違いの規模です。アメリカの代表サイトは1年で1億円を集めることに成功しているので、それに比べると日本はまだまだ規模は小さいと考えられますが、続々とクラウドファンディングサービスが出てきていますので、要チェックです。

・規模が大きければいいというわけではない

成長しているからといってそれがいいことばかりではありません。規模が大きくなるにつれて問題点も出ているのです。中でも出資者と企画をした側とトラブルは課題になっています。魅力があるプロジェクトを企画して製品を提示し、その上で資金を集めたがそれ量産するところまでいくのは難しかったというケースも増えています。例を挙げるとスマートウォッチは斬新なアイディアが受けて10億円の資金を調達したのですが、開発スケジュールの遅れからトラブルになりました。

・市場が拡大すればトラブルも増える

日本ではまだ市場がそれほど拡大していないので、それほどトラブルは出ていませんが、企画そのものが詐欺や詐欺まがいのものなどという事例も海外では多発しています。中でも近頃はこれまで以上に金額が大きく動く投資型のクラウドファンディングが盛り上がりを見せているのですが、これはかなりの額が動くために注意が必要であるとされています。規模が大きくなればいいというわけではないのが現状です。”

法律

1月 30

・アメリカで成立した法律

アメリカではクラウドファンディング法が成立しました。この法律は新興成長起業という定義が作られていて、直近の売り上げ高が10億ドル未満で新規公開から5年がたっていない案件を満たした企業に対して義務が緩和される法律として設立しています。クラウドファンディング法だけでなく除外規定が設けられています。

・クラウドファンディング法の概要

クラウドファンディング法によって1933年に証券法が作られましたがその第四条に除外規定が新設されました。株式投資型クラウドファンディングの資金調達が可能になったのです。これまでは、非公開企業がSECに登録せずに証券を募集したり売り出しをすることが可能だったのは適格投資家宛と限定されていましたが、クラウド・ファンディング法で不特定多数の投資家に少額の募集でもできるようになりました。年収が10万ドル未満の投資家は2000ドルまたは年収または純資産の5パーセントのうち大きい金額とされています。

・法制定によって期待される効果

クラウドファンディング法を含んだ法律が制定されたことによって、アメリカではスタートアップ企業、スモールビジネスの資金調達が円滑になると予想されています。しかし規制緩和されことによって個人投資家に対しての詐欺行為やトラブルなどが起きる恐れがあるというリスクもあります。日本への影響としても、マネーリスクを回避する動きから新しい制度を設立したほうがいいという話が出ています。”

失敗事例

1月 30

・クラウドファンディング失敗事例から学ぶ

世界的に起業家は増えつつありますが、大企業に就職をする魅力があまりない日本でも起業を考える人は増えていて、アイディア、プログラミングやデザインで誰でもサービスを誕生させることができますので、チャレンジしたいという人は増えています。そういった人たちを支援するのが資金調達方法としてのクラウドファンディングです。ですが必ずしも資金が集まり成功するとも限りません。失敗することもあるのです。失敗例から学ぶことは大きいでしょう。

・ニューヨークシティオペラの失敗

ニューヨーク市民が誰でもオペラ鑑賞ができるようにとオペラ団は設立されていましたが、経営困難によってクラウドファンディングで目標額を設定してプロジェクトを公表したのですが失敗してしまい、破綻申告することになりました。もともと経営困難だったところを助けるつもりの出資ならわかりますが、これからまた活性化するとは見込みがないところへお金を出すのはどぶにお金を捨てるだけだと考えたのでしょう。

・Ubumtu Edge Phone

こちらのプロジェクトはスマホを開発していたのですが、パソコンの性能も持ち合わせるスマートフォンということでスーパーフォンという位置づけでプロジェクトを好評しました。目標額は32億円でしたが3分の1しか集まらずに終了しました。

・ハリウッド女優メリッサジョンハート

ハリウッド女優のメリッサジョンハートもクラウドファンディングにて、主演映画の製作資金を公募しましたが、目標額2億円のところ20分の1しか集まりませんでした。”

株式投資

1月 30

・クラウドファンディングの株式投資の特徴

クラウドファンディングを通して最大で1億円まで調達することが可能です。個人の投資化の投資額は所得制限があります。決算書などはSECに電子的にファイリングしなければならず、1000万円以上を調達するときには、会計士、または監査、レビューが必要です。クラウドファンディングによって資金調達をした場合、書類作成費用が100万円、監査費用150万円、ポータルサイト仲介料が調達額の10パーセントのコストとなっています。これが現在のアメリカでのクラウドファンディングの株式投資の特徴です。

・開示義務について

クラウドファンディングの株式投資が可能になり一般投資家に出資を募れるということは経営者は投資家に対して、説明責任が発生しますので、定期的に会社の業績を報告したり重要事項を報告しなければいけません。過去3年の主要役員の履歴書や投資ラウンドの終了日、従業員数、事業計画書、直近の税務申告書、アメリカ会計基準で作成されている決算書などを提出しなければいけません。

・クラウドファンディングの株式投資に関する規制

適格投資家、一般投資家のどちらも参加することができるのですが、どちらも対象になる規制を行わなければいけません。その一方でクラウドファンディングと同じ時期に適格投資家を対象に別で年ラウンドを設定して資金調達も可能です。株式投資の募集にかかるコストとしては、クラウドファンディング手数料100万円、会計士の決算書の費用150万円、ポータルサイト仲介手数料が調達額の10パーセントとなっています。”

アジアのクラウドファンディング

1月 30

・アジアでも今クラウドファンディングサービスが活発に

世界ではクラウドファンディングサービスが盛り上がっていますが、日本でもクラウドファンディングサービスは盛り上がりを見せています。日本は物づくりに特化しているものや地域支援に特化しているものなど目的や対象を限定しているクラウドファンディングサービスが多いのが特徴です。これは日本のみならずアジア各国でも同様のことが言えます。アジアでもクラウドファンディングは何かに特化しているスタイルが増えています。

・香港は不動産投資へのクラウドファンディング

香港が拠点として作られたCrowdbarronは不動産投資をクラウドファンディングで行うことを目指しています。個人の投資ポートフォリオを増やしたい人を対象にしていて1つまたは複数の不動産に小額を出資して、複数の国で不動産価値の上昇があればそこから利益を得るという仕組みです。

・フィリピンからも誕生しています

Social Project.PHは、フィリピンの社会的および環境関連のプロジェクトを対象にしているクラウドファンディングサービスです。フィリピンにはほかにもアート関係のプロジェクトを対象にしているクラウドファンディングもありますので、意外とアジアの中でも活発に行われている国です。フィリピンの社会上、環境上野課題に取り組むことを目的としたクラウドファンディングサービスが盛り上がっています。フィリピンはまたMedifundといって医学生の学費を支援して、医師の卵を育てるサービスもあります。フィリピンの医師不足に対処すべく始められたクラウドファンディングサービスです。”

ヨーロッパのクラウドファンディング

1月 30

・ヨーロッパでも人気が高まっています

クラウドファンディングはヨーロッパでも人気が高まっています。ヨーロッパのたとえばスイスでも、いくつかのプラットフォームがあり、これまでにも何億円という支援金を集めている実情があります。ヨーロッパは時代の流れに乗るのに遅れることがあるといわれているのですが、クラウドファンディングに関してはそれほど遅くはなかったようです。そしていち早く利用した人は科学技術を作品に取り入れるメディアアーティストとして活躍をしている人で、65パーセントのプロジェクトをこれまでに成功させています。

・ヨーロッパは共同出資が根付いている

ヨーロッパの特徴として共同出資が長い歴史の中で根付いていたことから、クラウドファンディングに対しての抵抗がなかったためにスイスなどヨーロッパ各地ですぐに受け入れられてほかの国と同様にしてクラウドファンディングが人気を集めています。しかしスイスには規制があります。現行の法律でカバーされているのですが、寄付金を私的な目的のために集める以外ならプラットフォームの運営に対して公的な許可などは必要がありません。

・リスクが高い投資

ヨーロッパでのクラウドファンディングのひとつにリスクが高い投資があります。ビジネス・プロジェクトへの融資を募っているプラットフォームがあるのですが、ビジネスに集中していることもあり、かなりリスクが高い投資となっています。ヨーロッパ政府はまだ利用者を保護するに十分な行動を取れていないこともリスクとしてあげられます。”

kickstarter

1月 30

・アメリカで一番有名なサービス

kickstarterはアメリカでは一番有名なクラウドファンディングサービスです。アメリカでは起業する人が多い中で、物づくりやデザイン、技術開発やファッション、映画など出資の対象となるジャンルは何でもいいという、多岐にわたっているのが特徴です。今はアメリカとイギリスを対象にしてこの両国に根付いたプロジェクトが対象となっているのですが、かなりのプロジェクトが資金調達に成功しているという実績を残していて、世界でもクラウドファンディングといえばkickstarterだという呼び声も高いのが特徴です。

・10万ドル以上の資金を集めたプロジェクト

kickstarterでこれまでに10万ドル以上を集めたプロジェクトがあります。iPpd nanoを腕時計に変身させるベルト、カメラを持ち運ぶのを便利にしてくれるベルト、コーヒーをいつまでも飲み頃の温度にしてくれるマテリアル、ソファに座りながらでも操作することができるタブレットスタンドなどがあります。

・立ち上げ2年半で集まった支援者数は?

kickstarterが立ち上げられて2年半の間に集まった支援者は100万人で、合計1億ドルが出資されています。その中で8400万ドルが成功したプロジェクトに使われています。日本のクラウドファンディングサービスに比べれば桁違いともいえるほどのサービスです。そして10万ドルを集めたプロジェクトを一部先ほど紹介しましたがもっとたくさんあります。それだけ出資したいと思う人が集まっていること、kickstarterに公開されているプロジェクトのレベルの高さが伺われます。

「アメリカのクラウドファンディング」

・これまでのクラウドファンディングは

アメリカのこれまでのクラウドファンディングといえば、SECから許可されている富裕層の投資家だけが許可されていました。これまでのキックスターターなどで行われているクラウドファンディングは法律の分類からすると寄付行為で、投資家が見返りを期待するよう名株式投資の分類には入りませんでした。そして一般への勧誘は認められていませんでした。

・現在のクラウドファンディングは?

アメリカのクラウドファンディング、最近はスタートアップに対してこれまでは、簡便な報告義務が認められていたのですが、今はスタートアップ、投資ファンドを使って一般勧誘が禁止されていたのが解禁になりました。企業がクラウドから調達してもいい資金は年間100万ドルまで。しかし年収20万ドル未満の人は年収の一定率の額までしか投資ができない仕組みです。年収が10万ドルの人は最大5パーセントまたは、2000ドルまでしかクラウドファンディングできません。

・これからの問題点

アメリカのクラウドファンディングの問題点としては、粗悪なベンチャーキャピタリストに対して危害を与える可能性がある点です。スタートアップは粗悪なベンチャーやぴたりストに物乞いをしてこれまでのようにお金を出資してもらわなくてもよくなります。そして一般勧誘ができる点は無許可の投資家でも投資をすることが可能になりますが、それはある意味誰でも利用できてトラブルに巻き込まれる可能性も否定できないことかもしれません。”

世界のクラウドファンディングサービス

1月 30

・世界で注目されているクラウドファンディング

世界で今注目されているクラウドファンディングですが、世界には色々な形で運営されているクラウドファンディングがあります。世界のみならず日本でもクラウドファンディングサービスは誕生しています。人気がある世界のクラウドファンディングサービスを紹介します。

・世界で人気のサービス

Kickstarter、こちらはアメリカで一番有名なサービスです。ものづくりやデザイン、技術開発やファッション、映画など出資の対象となるのは色々と多岐にわたっています。アメリカ、イギリスに密着したプロジェクトのみが対象ですが、すでに8万件以上のプロジェクトが資金調達の成功を成し遂げています。そしてToGather,Asia、こちらはシンガポールを中心にしているアジアを対象にしたクラウドファンディングサービスです。プロジェクトを掲載させるには運営側の審査を受けなければいけないこともありプロジェクトのレベルは高いでしょう。DemoHour、こちらは北京で誕生した中国初のクラウドファンディングです。これからさらに拡大すると期待されています。

・世界の傾向を見ると

世界のクラウドファンディングの傾向を見てみるとファッション、ゲームといった特定のジャンルに的を絞っている特化タイプのクラウドファンディングが多く増えています。日本でもトレンドが進んでいく可能性は多く、何かに特化したクラウドファンディングサービスがこれからも増える続ける可能性は十分にありえるのではないでしょうか。”